Windows Updateの自動更新があった場合にパソコンを使わないときに再起動させたい

Windows Updateをしたいけれどもパソコンを使わない時に再起動させたいと思ったことがありますか?

Windows Updateは、Windows10を最新の状態にできます。

最新の状態にする理由があります。Windows10にセキュリティの問題が見つかり、Windows10のセキュリティが危険な状態に陥ります。OfficeをはじめとするMicrosoftの製品もWindows Updateの対象です。Windows Updateでは再起動させるようにウィンドウが表示されることがあります。

パソコンを使っている時に再起動されると困ることがあります。文字を入力している時や、動画サイトを見ているときなどです。これを自動にしてパソコンを使っていない時に再起動させる方法と、手動にしてパソコンを使用していない時に再起動させる方法があります。Windows10のバージョンにより操作方法が違いますので、バージョンの確認も行います。

セキュリティを最新の状態にしたいけれど、パソコンを使用している最中に再起動させたくない場合の解決方法です。

Windows10のバージョンの確認方法

Windows10のバージョンにより操作が変わため、バージョンのチェックが必要です。

メニューをクリックし、設定をクリックします。

Windowsの設定画面が表示されます。キーボードの「Windows」キーを押しながら「I」キーを押しても同じ画面が表示されます。システムをクリックします。

赤枠のバージョン情報をクリックします。

赤枠のところにバージョンが記載されています。

Windowsのバージョンが1607以降のWindows Updateの操作方法

バージョンが1607であれば、自動でWindows Updateが行われます。パソコンを使う時間帯を設定すれば再起動の表示されません。シャットダウンや再起動するときに表示されます。Windows10のバージョンが1607の場合には、手動と自動の選択ができません。そこでパソコンを使う時間を設定します。

先ほどのWindowsの設定画面から、赤枠の「更新とセキュリティ」をクリックします。

赤枠の「アクティブ時間の変更」をクリックします。

パソコンを使う時間を設定します。設定した時間帯に再起動ができないようにします。

Windows10のバージョンが1511以前の解決方法

バージョンが1511以前であれば手動と自動の切り替えができます。バージョンが1511以前のWindows Updateを行う方法をご説明します。

 

先ほどと同じ操作で、Windowsの設定画面を表示させます。赤枠の「更新とセキュリティ」をクリックします。

Windows Updateが最初に表示されますが、念のためクリックし、赤枠の「更新プログラムのチェック」をクリックします。しばらく時間がかかりますが、更新プログラムが表示されます。更新プログラムの一覧が出た場合には、「今すぐインストール」をクリックします。

「再起動がスケジュールされています」と表示されます。再起動の時間は、パソコンをよく使う時間帯を避けるように設定すると、パソコンの使用中に再起動させないようにできます。設定した時間を過ぎた場合には、再起動するまでの時間が別のウィンドウで表示されます。そのまま放置すると自動で再起動されます。

手動の場合には「今すぐ再起動」をクリックします。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

Windows10で通知が頻繁に行われて煩わしい

NO IMAGE

1台のパソコンを複数人で共用してソフトを使いたい

NO IMAGE

子どもが利用するユーザーアカウントに制限を設けたい

NO IMAGE

使用中にWindowsの動作が重くなってしまった

NO IMAGE

画面が見にくいので拡大鏡を使いたい

NO IMAGE

Windows10で予測変換を使いましょう