Windows を起動したときに、自動的にメールソフトを立ち上げるには

メールソフトは、頻繁に使うソフトです。そのため、PCを立ち上げたときに自動で起動するようにできると非常に便利です。今回は、PCを立ち上げたときにメールソフトが自動で立ち上がるようにする方法を説明します。

※今回は、メールソフト「Outlook 2016」を使用して説明します。

  • 自動的にメールソフトを立ち上げる設定にする手順

Windowsには「スタートアップ」という機能があります。この「スタートアップ」機能を使用することで、メールソフトを自動で立ち上げられるようにできます。

①エクスプローラから、以下のフォルダを開いてください。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

※ユーザー名には、ご自身のユーザー名を入力してください。

②スタートメニューから「Outlook 2016」を選び、右クリックして、「ファイルの場所を開く」をクリックしてください。

③フォルダが表示されたら、「Outlook 2016」を右クリックし、「コピー」してください。

④③が終了したら、①で表示した「スタートアップ」フォルダに貼り付けてください。「スタートアップ」フォルダに、「Outlook 2016」のショートカットが作成されれば終了です。

手順は以上です。

次回からPCを立ち上げたときに、メールソフトが自動で立ち上がるようになります。

この機能は、メールソフトだけでなく、他のソフトでも利用できるので使ってみてください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

子どもが利用するユーザーアカウントに制限を設けたい

NO IMAGE

Windows10で予測変換を使いましょう

NO IMAGE

エクスプローラでフォルダを新規に作成したい

NO IMAGE

作業中に別のアカウントに切り替えたい。

NO IMAGE

画面が見にくいので拡大鏡を使いたい

NO IMAGE

Windowsユーザーアカウントの名前を変更する方法