画面が見にくいので拡大鏡を使いたい

画面の文字や画像が見づらいことがありますか?

パソコンの進化により、モニターの解像度がどんどん上がっています。解像度が上がると文字や画像などが小さく表示されてしまいます。

また小型のパソコンを買ったため、モニターが小さく文字や画像などが見づらく感じることがあると思います。フォント・アイコンなどを拡大する方法もありますが、全体を拡大します。

ある特定の文字を虫眼鏡を使って閲覧しているという方もいらっしゃると思います。Windows10の拡大鏡というアプリケーションがデフォルトでインストールされています。この拡大鏡を使うと、画面の表示を拡大して閲覧できます。

しかし、拡大鏡の使い方が分からないという方もいらっしゃるかと思いますので、解決方法をご説明します。

Windows10の拡大鏡の使い方

スタートボタンをクリックし、設定をクリックします。

Windowsの設定画面が表示されます。キーボードの「Windows」キーを押しながら、「I」キーを押しても同じ画面を表示させることができます。赤枠の「簡単操作」をクリックします。

最初にナレーターの画面が表示されます。赤枠の「拡大鏡」をクリックします。

赤枠の「拡大鏡」のラジオボタンが、オフになっています。クリックしてオンにします。

拡大鏡の画面が表示されます。一定時間が経過すると虫眼鏡のマークのみ表示されます。設定をする場合には虫眼鏡のマークをクリックすると拡大鏡のウィンドウが表示されます。

拡大鏡の画面に「+」と「-」のボタンが表示されています。「+」ボタンをクリックするとマウスポインターのところが拡大できます。「-」ボタンをクリックするとマウスポインターのところが縮小ができます。

拡大鏡の画面で赤枠の「表示」をクリックすると、拡大させたい画面の範囲の設定ができます。いろいろと試して、見やすいように設定してください。

拡大鏡の画面で赤枠の「オプション」をクリックします。

「拡大鏡のオプション」の画面が表示されます。赤枠の「拡大鏡のレンズサイズ」の設定をします。画面の表示を拡大したり縮小したりする設定です。何度も試してみて、納得のいく大きさを決めてください。レンズサイズを決めたら「OK」をクリックします。

拡大鏡を終わらせたい時は、虫眼鏡のマークの表示がある時には、虫眼鏡のマークをクリックすると拡大鏡のウィンドウが表示されます。赤枠の「×」をクリックします。

画面の解像度が高い場合には、マウスを動かしたり、タッチパッドの操作の範囲が大きくなります。かえって使いにくくなることがありますので、マウスやタッチパッドの操作で首・肩・肘・手首が痛くならないように設定をしてください。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

大事なファイルをうっかり削除してしまった

NO IMAGE

隠しファイルや隠しフォルダーを作りたい

NO IMAGE

Windows10でエクスプローラーを開くと「クイックアクセス」が表示されるが、...

NO IMAGE

Windows10のログオン用のパスワードを忘れてしまった。

NO IMAGE

メモ帳やWord文書をPDFファイルに変換したい

NO IMAGE

1台のパソコンを家族3人で使い分けるには?